日経電子版価格調査団JN31

日経電子版を無料で読みたい!役に立つ方法教えます

  1. >
  2. 新聞配達員の良いところ:住み込みで働けるOI63

新聞配達員の良いところ:住み込みで働けるOI63

新聞配達が昔から良いとされていたところが、住み込みで働けるところにあったのです。

住み込みというのは、要するに住まいも提供してくれるわけです。

これがとても大きなメリットであり、とりあえず住まいが欲しいにはお勧め出来るわけです。

日本ではとにかく住まいがないことには、仕事を見つけるのも困難なのです。

ですから、まずは住まいが得られる仕事、言い方を変えますと今現在、どこに住んでいようと住まいがなかろうと問題ない、というのは有難いことがあるのです。

新聞配達員の良いところ:ルートだけ覚えれば配達は簡単RW

仕事自体は大変ではありますが、そこまで難しいわけではないです。

具体的にいいますとルートを覚えるだけでよいからです。

新聞の配達は郵便物のように順々にやっていくわけではなく、決まった家のみに特に住所の明記がない配達物を毎日、決まった順に配達するわけです。

これを大変と見るか、或いは慣れてしまえば楽になると考えるのかはその人次第でしょう。

風雨の日でも配達をする、ということになりますからその点においては間違いなくきついです。

新聞配達員の良いところ:周囲のペースに合わせる必要がないCQ

配達時間に期限はあります。

期限はありますが、それでも人と競われることではないのです。

つまりは、自分のペースで配達をすることができるのです。

特にコミュニケーションがこの仕事で求められることも多いわけではありませんし、意外と気が楽な仕事ではあります。

あまりにもゆったりとできる仕事ではありませんがそれでも十分にやってみる価値がある仕事になります。

仕事はいくつもありますがとりあえず新聞配達はお勧めできます。

新聞配達員の良いところ:意外と給料が高いAJ

思いの外、新聞配達の給料というのは高いです。

そう感じる人が多いでしょう。

また、新しく打つことができますと歩合で給料が高くなります。

打つ、というのは新規の顧客を獲得することです。

業界用語で打てる人、というのはよく営業が出来る人を指します。

配達もそうなのですがこうした歩合の部分でも稼ぐことができるのです。

具体的な給料に関してはその土地によって違いがありますが、少なくとも月給は30万円近くにはなります。

↑ PAGE TOP